免疫力を高める方法とは【規則正しい食事や生活習慣が大事】

血液の流れを悪くなると

夫婦

悪玉コレステロール値が高過ぎると血液中に脂肪分が含まれている状態ですので、血液が固まってしまう動脈硬化や血管が弱くなってしまう高血圧を引き起こしてしまいます。このような症状を放っておくと脳梗塞や心筋梗塞になってしまうことになるので、早急に改善することが望ましいです。悪玉コレステロール値を下げる方法はたくさんありますが、まずはコレステロールを含んだ食べ物を控えることが大切になります。

コレステロールを多く含まれている食べ物はたくさんありますが、その中でもたまごに含まれている量が一番多いです。鳥のたまごはもちろんですが魚のたまごにも多く含まれています。魚のたまごや内臓にも含まれているので、魚を丸ごと食べることも控えたほうがいいです。他にも肉類に多少のコレステロールが含まれているので、まずはこれらの食べ物を控えて悪玉コレステロール値を上げないようにするといいでしょう。

悪玉コレステロール値がすでに上がっている場合は下げる必要があります。EPAやDHAを摂取することで悪玉コレステロール値が下がることがわかっているので、これらを含んだ食材を積極的に食べることが必要になります。これらが含まれた食べ物はイワシなどの青魚に多く含まれています。しかし、青魚にはたまごが含まれていることもあるので、たまごだけは食べないようにすることが大切です。EPAとDHAはサプリメントでも摂取することができるので、魚が苦手な人はサプリメントでも大丈夫です。